2021.04.24
台風が去りました…

こんにちは!ケンです。台風が落ち着いてきて一安心です。

昨日今日と家からほとんど出ることが出来なかったので映画などを見て過ごしていました。

ます見たのは「猿の惑星 創世記」です。ジェネシスですね。同居人のリュウのおすすめだったのでとりあえず見てみることにしました。今の時代はストリーミングサービスが充実していてとても便利ですね。

あらすじとしては製薬会社ジェネシス社に努める主人公の神経学者ウィル。アルツハイマー遺伝子治療の薬を作るために実験体のメスのチンパンジーに薬を投与、薬の効果でチンパンジーの知能が向上する。そして何だかんだあって主人公のウィルはそのチンパンジーの子供を引き取ることになる。その子猿はシーザーと名付けられ成長するにつれて母親の高い知性を示すようになり、手話などを行えるほど賢くなります。シーザーはウィルの手で育てられ幸せな日々を過ごしていきます。

しかしある日のことシーザーは隣人にケガを負わせてしまい施設に送られます。その施設でシーザーは他のサルたちと馴染めなかったり施設の人間にいじめられたりして人間に対する不信感が高まっていきます。シーザーは人間に反旗を翻すため施設のサル達のボスに成りあがり施設から脱走、そして……。

といった内容になっています。

途中から主人公ウィルじゃなくてシーザーじゃん!と思うくらいシーザーに感情移入してしまいます。

最初は渋々シーザーを引き取ったウィルでしたが、一緒に生活につれ徐々に本当の家族の様に強い絆で結ばれていきます。幸せそのもの暮らしをしていた彼らでしたがシーザーが近隣住民にケガを負わせて施設に送られます。何度も抗議するウィルでしたが結局シーザーは施設に送られ離れ離れになってしまうシーンは本当に胸が痛みます。ウィルはシーザーを取り返すため努力しますが、それも虚しくシーザーが人間に反旗を翻していきます。

観てて結構胸が痛むシーンがありますがシーザーが一人?のサルとして成長したんだなと感じる映画でもあった気がします。

最近は毎日海に行っていましたがたまには家でのんびり過ごすのもいいですね笑

しかしもう3日くらい海に行ってないのでそろそろ海が恋しいですね笑 また明日からも頑張ろうと思います!

今日はほとんど観た映画の感想になってしまいましたね。最後まで読んでいただきありがとうございます。機会があれば猿の惑星創世記みて下さい!

ちなみに今日の晩御飯は唐揚げを作りました。綺麗に揚がってとても気分が良いです。

それでは次回の更新でお会いしましょう。

 

 

 

 

宿日記一覧に戻る