2014.01.05
SEA MOLE ‐Last day‐  マスミ☆イェーガー

皆様こんにちは☆

 

第5期生最後の一人、マスミ☆イェーガーは本日をもってSea Mole卒業となりました。

 

そしてSea Mole最後のダイビングはオーナーの徹さんと潜ることができました^^

 

P1050092.jpg

 

やっぱりいつになっても徹さんと潜るといつも以上に緊張します^^;

 

その緊張感が俺は好きなんですけどね(笑)

 

脚力だけで徹さんにアピールしていた頃が懐かしいなぁ・・・。

 

Sea Mole卒として立派なダイバーになりますので徹さん!これからも見守っていてください☆

 

・・・2013年6月27日より、飛び入りでしたがSea Moleのワーキング生となり

 

たくさんの知識と経験を学ばせて頂き、本当に濃い半年間だったと思います。

 

ダイビングの事はもちろん、仲間の大切さや、お客様への接客。

 

内地に居た頃では想像できないほどの経験ばかりでした。

 

30歳からダイビングの道へ進むなんて、はっきり言って最初は不安しかありませんでした。

 

今も不安ですけどね(笑)

 

一度海へ出れば、歳は下だけども周りはベテランばかり。

 

その歳でいまから?・・・。 なんて思われてるんじゃないのかなと、ビクビクな毎日でした。

 

でもショップは違えど親切にアドバイスくださる方

 

シーズンの忙しい時には声をかけて応援して下さる先輩方もたくさんいました(泣)

 

海を好きな人に悪い人はいませんね。

 

たくさんのお客様からの温かいお言葉、励ましを頂き本当に大変だったシーズンも無事乗り越えられました。

 

一度地元へ戻りますが、Sea Moleで得てきたことを存分に活かし

 

3月より違うショップさんにはなりますが、またフル回転で頑張りたいと思います。

 

最後の1ヶ月で厳しく教え込むことになってしまったけど毎日頑張ってる弟の存在コースケ

 

シーズン中よく喧嘩したけど妹のように慕っていたミヤ

 

深夜までこれからの事について色々話し合ったフルちゃん

 

ふざけあったりしたけどしっかりワーキング生の面倒を見てくれた先輩のリュウくん

 

赤ちゃんがお腹にいて大変なのにギリギリまで美味しいご飯を毎日作ってくれたクミさん

 

そして、この歳からダイビングの道へ進む俺を嫌な顔せず受け入れてくれました。

今後のやり方についてもアドバイスをたっくさんしてくれたオーナーの徹さん

 

ありがとうございました!

 

本当にみなさんには感謝しかないです。

 

楽しいことばかりではないですが、大変な事を乗り越えたからこそ、得たモノは計り知れなく大きいです。

 

また更なる飛躍ができるようにペースを落とさずガンガン進んで行きますね!

 

SeaMole

 

今まで本当にありがとう

 

PC080035.jpg

 

第5期生 永窪 真純

 

宿日記一覧に戻る