ダイビングメニュー

沖縄ダイビングと宿のお店SeaMole遊びに来てくださった方を中心にわいわいとした雰囲気写真をアップしていきたいと思いますぅ良かったら見てやって下さい(^^)

こんにちは!カッキーです!

宿ブログは久しぶりの投稿になりますね^^
海ブログはちょくちょく更新しているのですが、宿ブログってなるとなかなかネタが見つからないのであります・・・

しかーし!今回はしっかりしたネタを引っさげて更新しにきましたよ^^

今回のイベントはウエイト作り!!
ウエイトとはダイビングをする際に潜るために腰に巻く重りのことを言います。
素材は鉛で出来ているので比重が重く、小さいものでも1キロや2キロの重さがあります

ちなみにこのウエイトはダイビングの機材ショップでも購入する事が出来るのですが、お店で購入した場合1キロウエイトで1000円もするのです!
想像よりもめちゃくちゃ高いです!
見た目はただの鉄の塊が1つ1000円ですからね(笑)

なのでシーモールではウエイトは購入ではなく製作しているのです!
まずはその流れを少しだけ^^

まず金属加工場やくず鉄屋から鉛を購入します。
その鉛を溶かして不純物を取り除いた後、型に流し込み固まったら取り出して完成です
これをひたすら繰り返すだけです^^

文字で書くと一瞬で終わってしまいましが、これがなかなか大変な作業なのです!
まず鉛を買いに行くのが大変!
沖縄で鉛を購入出来るのは分かっただけで3ヵ所しかありませんでした
鉛の相場もその年によって変わるみたいです。
ちなみに前回作った時より1.5倍ぐらい値上がりしていたみたいです

しかも購入できるうち二箇所は那覇!
なので車を走らせて買いに行きました^^

今回購入した鉛は約100キロ!
これを溶かして形をウエイトにして固めていきます^^

それではその様子を時系列で見ていきます!
IMG_1334
まず購入した鉛を溶かします
鉛の溶ける温度は320度ぐらいなので触れば大やけどしてしまいます

溶けて完全な液体になると不純物が浮いてきます
その不純物を取り除けば綺麗な鉛になるというわけです^^

IMG_1344
次に溶けた鉛を型に流し込みます
鉛はすぐに冷えて固まってしまうのでバーナーで熱しながら行うのです
みんな手袋は三重ぐらいにして完全防備で行っていますよ^^

IMG_1346
そしてこれが完成した鉛です!
まだ未使用のものなのでめちゃくちゃ綺麗です^^
これが数ヶ月もしたらくすんでしまうと思うと少し悲しいです(笑)

でもこんだけあれば夏を乗り切り事も可能でしょう!!

徐々に忙しくなって、このまま夏に突入すると思うので気合入れて頑張りますよーーーーー!!!!

それではさようなら!!!!

by staff|2017.06.26| TrackbackComments(0)

コメント