ダイビングメニュー

沖縄ダイビングと宿のお店SeaMole遊びに来てくださった方を中心にわいわいとした雰囲気写真をアップしていきたいと思いますぅ良かったら見てやって下さい(^^)

皆さんこんにちは!!
シーモールの関西人、カッキーです!

本日はシーモールにいるスタッフ
その中でもワーキングスタッフの紹介をしていこうと思います^^

そもそもワーキングスタッフとはなんぞや??とお思いの方の為に少し説明をさせてもらいます^^
シーモールではスタッフは社員とワーキングスタッフに分類されております。
社員は皆さんの想像通り、長期契約の元シーモールで働くスタッフのことを指します。

そして今回の本題のワーキングスタッフです。
これは短期契約の元働くスタッフのことを指します。
主に2月や3月から10月までの1年弱の契約となっています。

場合によっては少し早めの12月から来る人もいます。
ちなみに私カッキーも12月から参上しておりました^^
最初は一人ぼっちで凄く寂しかったです(笑)
まぁこの話は置いといて・・・

そもそも何故ワーキングスタッフという制度が存在するかの説明をさせてもらいます^^

ダイビングにはライセンスと言うものが存在し、バイクの限定解除のように何段階にもなって存在しております。
下からスクーバーダイバー・オープンウォーター・アドバンス・レスキュー
そしてプロダイバーへの入口のダイブマスターとなっております。
当然この他にも多々存在しますが、今回ご紹介するのはここまでとします^^

このライセンス、実はシーモールでも取得することが出来るのです!
スクーバーダイバーなら1日2万円
オープンウォーターなら2日3万円
と比較的手の届きやすい価格で取得が可能となっています。

ただ、これは沖縄での話!
本州ではこれの3倍ぐらいかかってくるのです!
だいたい10万円~が相場ではないかと思います。

ダイブマスターまで取得しようとすると、なんと100万円~200万円かかると思います!
これはかなり大変です。
しかもプロライセンスを取得したからと言って、現場経験がなければなかなか使い道に困るのが現状です。

ここで登場するのがワーキングスタッフ!
ワーキングスタディー制度と言います。

これはダイブマスター取得までにかかる費用のほとんどをダイビングショップが負担してくれる代わりに、そのショップの仕事を手伝うというものです。
これなら沖縄の海で潜りながら、楽しくライセンス取得を目指せる。しかも!現場経験を積めると良い事尽くしの制度なのであります^^

そしてシーモールでは毎年5,6人のワーキング生がいます。
同じ屋根の下で1年弱の期間を過ごすのは、本当にいい経験です。
自分も同期のワーキングスタッフは半分以上が沖縄を去ってしまいましたが、今でも連絡を取っていますよ^^

そして今年のワーキング生第1号はこちら!!
DSCF9450
神奈川県から参上しているカズです!
趣味は料理!得意料理はパスタ!
もしかしたら将来シーモールでコックをやっているかも??

ワーキングブログもよく更新しているので、是非見てやってください^^

DSCF9451
最初は物静かなカズでしたが二ヶ月も過ぎているのでこんなにお茶目になっています^^
やはり海は人を変えますね^^

このブログを見て、興味を持ってくれた方がいましたら
是非1度問い合わせてみてはいかがですか^^
一生に一度の経験が出来ますよ^^

次回のブログでは女性スタッフ第一号のムラをご紹介していきます^^

それではさようなら!

by staff|2017.02.16| TrackbackComments(0)

コメント