ダイビングメニュー

シーモールで働きながらダイビングのプロを目指している、ワーキングスタディー生の一日を日記に綴っております^^よかったら見てやって下さい♪♪

こんにちは!カズです!

今日の天気は晴れ!最高気温21度、風は北東3mで青の洞窟はcloseです。

今日はシュノーケリングしている際に見る事ができる魚をご紹介していきます!

最近はまっているのがこの魚
名前は「ミツボシキュウセン」
主に砂地や珊瑚礁で見られるベラで、スマートな体つきで泳いでいます。
メスの体色は淡いクリーム色、オスはやや濃い色をしています。

026544
この魚の頭の近くにある丸いピンク色の模様が、
チークをしているお化粧みたいでとてもかわいらしい顔をしています。
お客様にも人気のお魚です(^ ^)

よく調べてみるとこの魚は性転換をするらしいです!
一次雄と二次雄という呼び方があって、生まれつきオスの魚は一次雄
性転換をしてメスがオスになった魚は二次雄と呼ばれるみたい

同じ性転換する魚として
オスからメスへ性転換する種としてスズメダイ科のクマノミ
250px-Amphiprion_clarkii
クマノミの群れの中にはメスは一匹しかいないそうです。
産まれたときには性別が決まっていなく、成長して群れの中で一番大きい個体がメスに、
それ以外のクマノミはオスになります。メスは2番目に大きい個体のオスとカップルになります。
群れの中のメスが死んでしまった場合は、2番目に大きい個体のオスがメスに性転換して、
3番目のオスとカップルになります。
より大きいな個体をメスにすることで卵を沢山産むことで、
自然環境を生き抜いています。

両方向の性転換する種としてハゼ科のオキナワベニハゼ
8c71032067e1d7f4efda4d1865661514

このオキナワベニハゼは水槽に同じ性別の魚を2匹いれておくと一方が5日~10日ほどで性転換して
ツガイになるそうです!

珊瑚礁などで綺麗なカラフルな魚が多いのは、さまざまなお魚さん達が
環境に対応して多種多様な進化を遂げた証なのでしょうね

話しは変わって最近すごくお腹が空きます!
もういくら食べてもすぐお腹が空くのでめっちゃ健康的!

先日仕事終わりにカッキーさんのお引越しを手伝ったお礼に前回行った中華ラーメン醤(じゃん)に
連れて行ってもらいました!

チャーシュー麺の1.5倍盛り!
IMG_5039

ペロッと完食!
IMG_5040

続いて特大のから揚げも皆で
ペロッと完食!
IMG_5041

あーブログ書いていたらお腹すいてきたー笑
何か食べよー

byebye

by staff|2017.04.03| TrackbackComments(0)

コメント